いまさら聞けない…仏教豆知識「どうして仏様は皆蓮の花にすわっているの?」


そうなんだ。仏様はみな同様に蓮華座に座っている。

日本彫刻史上で最大の仏像、奈良の大仏様もよくみれば蓮華座の上に胡座(あぐらをかくこと)されているのがわかるよね。

仏像が蓮華座の上に載っているのは、仏様のいる世界(浄土)には蓮華が咲いていると信じられているためなんだ。

ハスは、泥のなかにあっても、まるで汚れを知らないかのように非常に美しい花を咲かせるね。

この蓮華は人間の煩悩に冒されず、迷いの中から悟りをひらくことに譬えられている。

阿弥陀仏や阿弥陀仏の浄土「西方極楽浄土」について説かれたお経典『仏説阿弥陀経』の中に「青色青光 黄色黄光 赤色赤光 白色白光」と説かれているところがある。

阿弥陀仏の浄土に咲く荘厳なる蓮の花のありさまを語られた言葉だね。

そこに咲く青い花には青い光が射し青く輝き、黄色の花には黄色の光、赤い花には赤の光、白い花には白の光が射し、それぞれが光り輝いて、どれもすばらしく、その香りは気高く清浄であると説かれている。

それぞれの花がいのちの輝きをもっていて、自らの色そのままで光り輝いて咲くことが尊いと語られているんだ。

「自分さえよければいい」「自分が一番大切」そんな汚い煩悩であふれる人間社会の中でも、それぞれが念仏という善行を通じてその命が終わるとき、観音菩薩の手にある蓮華の上に載せていただき極楽まで導いていただく。この蓮華のつぼみが極楽で花開き、浄土に生まれる(往生)ことができる。

きっとその時に咲いた花は人それぞれの色で光り輝いているのかもしれないね。

つらいことばかりの社会ですが、そんなことに負けず、綺麗な花を咲かせたいものです。

南無阿弥陀仏

#蓮 #蓮華 #極楽 #阿弥陀経

© 2014 by Jorakuji design