普段何気なく使っているけどこれはもともと仏教用語「有頂天」


~喜びすぎに注意~

やることなすこと何でもうまくいってるときは、誰もが「有頂天」になって気が緩んでしまいがち。

この「有頂天」は「数ある天の世界の中で最高の天」を意味します。

仏教では地獄・餓鬼・畜生・修羅・人・天の六道を生まれ変わり死に変わりする六道輪廻を説きます。

この有頂天は六道の中でも最高とされる「天界」の最高位に位置するわけで、普段使われる意味は、その「有頂天」に到達して喜びの絶頂にいるということに由来します。

しかし、天界の最高位と言えどそこはまだ六道の一部。天界での寿命が尽きれば次は地獄に生れてしまうかもしれません。

どんなに幸せでも、思わぬ落とし穴があるものです。

忘れずに自重することを心がけることも大切です。

仏教の目的は六道から離れ極楽へ向かうこと。これは南無阿弥陀仏のお念仏をお称えし、阿弥陀様に救っていただくしかありません。

有頂天より素晴らしい、極楽を目指しましょう。

南無阿弥陀仏

#仏教用語 #有頂天 #極楽 #地獄 #天界 #六道輪廻

© 2014 by Jorakuji design