江戸文化つるし雛特別展@浄楽寺

更新日:4月6日



【江戸文化つるし雛 特別展】


4月15日から17日までの三日間

10時から16時の間 結の会主催によるつるし雛の展覧会を浄楽寺にて行います!

入場料は無料です。


つるし雛は、江戸時代から伊豆稲取地方に伝わる風習で「雛のつるし飾り」とも呼ばれ、長女の初節句に無病息災・良縁を祈願して、ひな壇の両脇に飾りを施したものです。庶民のひな壇代りでもあったといわれ、各地に広まりました。


母の子への愛情が表された、かわいいお雛様。


浄楽寺の庫裡、本堂を舞台に装飾されます。


また、17日は10時から15時の間、運慶仏を公開します。 収蔵庫の入り口につるし雛を飾り、運慶とひな人形のコラボレーションです。

ぜひお参りください。

閲覧数:257回0件のコメント