「ご遺体を北枕にするのはなぜ?」


古くから「北枕は縁起が悪い。」などといわれておりますが、昨今では「北枕こそ縁起がいい。」などともいいます。

そもそもなぜご遺体は北枕にするのでしょうか?これはお釈迦様がなくなったときの姿勢が由来となっております。

いろいろな経典にお釈迦様が入滅するときの様子が説かれていますが、たとえば「涅槃経(ねはんきょう)」には「そのときのお釈迦様は、右脇を下にして横たわり、頭を北のほうに足は南を差すようにしておられた。

顔は西に向かい、背は東を後ろにしていた。」と説かれています。これを「頭北面西右脇臥(ずほくめんさいうきょうが)」と言います。北枕はこの姿をかたどったものです。

お釈迦様の頭は北に向けられ、顔は阿弥陀様のお国「西方極楽浄土」に向けられていたということです。

浄土宗でも同様で、これは阿弥陀様のお迎えを頂き、お浄土にお連れ頂くことを大切にしているからです。

頭がどうしても北に向けられないときは阿弥陀様の掛け軸や来迎図へ向けて「西に向いている」とする場合もあります。

そもそも、お釈迦様がお亡くなりになられた姿は「涅槃」といい、この世で一番安らかな境地であるとされます。ですから、縁起が悪いと言うことは無く、むしろ縁起がいいものかもしれません。

縁起が悪いと言われてきたのは神道でいうところの死の穢れを嫌がった日本古来の教えでありましょう

#北枕 #西枕 #縁起

© 2014 by Jorakuji design