7月写経会の法話


謹み敬って拝読し奉る

元祖法然上人御法語の中にのたまわく

「はじめにはわが身を信じ、後には仏の願を信ずるなり」

とー 十念

皆さんこんにちは。副住職の土川憲弥です。

本日は浄楽寺写経会にお参りくださいましてありがとうございます。

前回同様、これから少々のお話をいたしまして、写経を行い、その後本堂にてご回向を行います。まずはお話させていただきますが、どうぞお楽にして聞いてください。

関東も梅雨明けということでございますが、今年は例年よりさらに暑いような気がしませんか?会う人、会う人にご挨拶は「おあつうございます」ともうしておりますが、何もせずに汗が噴出してくるわ、汗が引かないわでまるでサウナにいるような気分でございます。

日本にはご存知、四季がございますので、いつでも、ちょうどのいい季節というのがございます。

例えば、サーフィンをするなら暑い夏がいいですよね。スキーをするなら雪がなければいけないので寒い冬になります。鍋を食べるのも冬がいいですよね。

紅葉を見るなら秋で、お花見をするのは春となります。

例年行っております、草刈りですが、これは夏に行うべきことではないと思うんですね。それはわかっているのですが、お盆がありご先祖様をお迎えするにはきれいなお墓、きれいな境内でなければと掃除するわけでございます。

ちょうどのいい季節ではないですが、ここでするしかないわけですね。

今年はそれでも例年より一週間ほど早い、7月30日になりました。これも少しでも涼しい時期にという配慮のつもりなのですが、今年はすでに暑いですね。

そんなわけでそろそろ大掃除のじきだと思いまして、以前から気になっておりました歴代の墓を見に行ったところ、破損も見られ、草も伸び放題だったこともありまして、これは大掃除前に何とかしなければと、やはりこの最悪な時期に修理と清掃を始めたわけです。

始めて1時間で思いました。「これは春にやっておくべきだった。」

いつだって気づくのはギリギリ、中々用意周到にということができません。

反省しながら作業に取り掛かります。

掃除を始めた当日、朝から始めまして、だいたい10時ころまではそんなでもないんですね。

10時を回りますと一気に日差しが強くなってきて、虫の声も大きくなります。

全身汗びっしょりで手袋をしている手がふやけてしまうほどでした。

普段やりなれないことですので、あまり無理をしてもということで、

初日の作業は午後過ぎくらいまでにしておきました。

しかし、この晩、ひどい頭痛に襲われまして。

まんまと熱中症になってしまったわけです。

普段から、偏頭痛持ちですので割りと頭痛に慣れているような気になっていたのですが、熱中症の頭痛はとんでもないですね。

割れるような痛みが数時間続きまして、しまいには吐き気もする始末。

おでこにヒエピタを張り、あご下のリンパにもヒエピタを張り、氷枕をキンキンにして、頭を冷やして、早くこの頭痛から逃れたいという一心でした。

数時間の格闘の末、朝方にようやく眠りにつけたのですが、二度と繰り返したくない夜でした。

皆さんは熱中症になったことありますか?

私は、初めてなのですが、こんなにひどいものかと、より一層警戒するようになりました。

だいぶよくはなりましたが、次の日も頭痛が少し続きましたので一日だけ休みをいただき、その翌日から作業を再開したのですが、頭にはタオルに麦藁帽子で紫外線カットをし、水分補給をこまめにとる、休憩のときは少し日陰に行き体温を下げるように意識するなど、もう二度と繰り返したくないという気持ちから十分に気をつけながらの作業になりました。

普段なんでもないので意識しないのですが、意外と自分は弱いものだなぁと気づかされた経験でございました。

自らを知らずして、「反省」の一言でございます。

皆さんも30日の清掃の際には十分に気をつけて作業していただければと思います。

さて冒頭に申しました、法然上人のお言葉ですが

「はじめにはわが身を信じ、後には仏の願を信ずるなり」

ということでございます。

これは、始めにわが身のほどを信じ、後には仏の本願を信じるということでございますが、まずは自分の器を理解し、その上でこそ仏様の本願を信じきることができるということです。

仏様の本願と申しますのは、阿弥陀仏様の一番の願いでございますが、これこそがお念仏の御教えです。極楽世界に必ず生きたいと強く信じ、「南無阿弥陀仏」と称えたものを、その状態、身分、性別、罪悪問わずしてすべての人を救ってくださるということです。これを阿弥陀様の本願と申します。

自分の器というのは、スケールの大きさであるとか、人を先導するための人間としての器ということではありません。

我々がどこまでも至らない人間であり、「人間」というものにおいて比べたときにですね、大小もなく同じく反省すべきものであるということです。

「罪悪生死の凡夫」であるといいます。

われわれは普段から数え切れないほどの罪を犯し続け、この世に生まれるまで生まれ変わりを繰り返してきたわけですが、その真理を知らず、生まれ変わりを繰り返すものを「罪悪生死の凡夫」と申します。

このようにお話しますと、「私は罪なんか犯してないですよ」と思うかたが大半だと思います。別に皆さんのことを悪い人だといいたいわけでもありません。

しかし自分が思っているほど自分というのは中々、高評価できない存在です。

どんなに良い心を持っている人でも、「人と人」という世の中にでますと中々いい心を保つことができません。