御開帳のはじまり


昨日から始まっております、三浦薬師如来霊場、三浦不動尊霊場。

浄楽寺では300人もの方が初日から御参拝くださいました。

ほとんどの方が朱印帳をお持ちで、若い方でもかわいらしい朱印帳で

朱印を集めていました。

浄楽寺でも朱印帳の要望が多々ありましたので

オリジナルの物を作成いたしました。

運慶作の阿弥陀様の光背をデザインした朱印帳です。

金の箔押しで荘厳をイメージできれば・・・

まだ自分の朱印帳をお持ちでない方はいかがでしょうか。

一冊2000円からとなっております。

さて、昨日から大変多くの方が参拝してくださっておりますが

一件お電話にてお問い合わせをいただきました。

「朱印をお願いしたのに、その上に拝観料までとられたのですが・・・」

ということでした。

御存知のとおり浄楽寺の運慶作の仏像は国指定の重要文化財に指定されております。

文化財だからということだけではございませんが御本尊としての

阿弥陀三尊、そして不動、毘沙門天です。

入り口の部分にも記載しておりますが、強制的には拝観料をいただくということはありません。

仏像維持のために御協力くださいということです。

あくまで、御協力くださいということです。

仏様の公開、御開帳というのは

美術品を公開するミュージアムではありません。

仏像は信仰の対象である仏様として扱わせていただいております。

お寺でお預かりしている仏様を皆様に公開するのは

「霊場めぐり」という目的の上になります。

霊場めぐりとは如来、菩薩、明王、天人の仏像を地域などを指定して

めぐるわけですが、これには厄除けや大願成就、健康祈願など

それぞれの目的がございますね。

仏縁を結縁していただくという意味では間口を狭めるつもりはございませんが

そういった思いで参拝されている方もいるということも知っておいていただければと思います。

あくまで御参拝というお寺に対する敬意を持ってお参りしていただけるとありがたく思います。

いつもと違うかんきょうで心静かにお参りすることで

皆様の日常にもよりすばらしい平穏が訪れることを祈願いたします。

合掌

#霊場参拝 #仏像 #運慶 #お参り

472 views
© 2014 by Jorakuji design