浄楽寺の境内を地域に開く!クラウドファンディングが始まりました。

更新日:10月9日




浄楽寺は新たなコミュニティスペースづくりで運慶仏を末永く守る

クラウドファンディングプロジェクト開始!



拝啓 酷暑の候、まだまだ暑さは続いておりますが、皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。平素は格別なお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。


浄楽寺は多くの方に支えていただきながら、830年以上もの間、貴重な文化財を継承してまいりました。此度は、横須賀市美術館にて、初の文化財展にめでたくも主役としてお出ましいただき、多くの来場者にも認知が深まったことと存じます。

さて、ご存じの通り、古より寺院は地域のコミュニティを担う半公共的なスポットとしてその役割を担ってきました。私たちは、文化財や寺を守り継ぐ使命を果たしながら、これからはさらに地域に開かれた文化施設として、多くの皆様が集い、交流できる場になりたいと考えております。

そこで、浄楽寺から国道134号を隔てた対岸の境内地の一部を地域に開き、マルシェ等のイベントなどが開けるスペースとして活用していただくことで、より多くの地域の皆様とのご縁を結び、相互扶助の関係を構築する為、今回のクラウドファンディングプロジェクトを計画しました。

荒れた土地の整備には、日本全国の環境再生に取り組むお馴染みの”大地の再生チーム”にご協力いただきます。ただコンクリートを流し込んで整えるのではなく、大地の空気と水の循環を促すことで、地中環境の改善をしながら、草木の豊かな広場に変えていきます。土地にも、そこで生きる人々にも、優しく豊かなコミュニティスペースづくりを目指します。

新しい形の交流の場を、みなさまとともに。みなさまの信心からなるご協力を心よりお願い申し上げます。

敬具


浄楽寺第六十五世 芳誉妙真

令和4年8月吉日



閲覧数:219回0件のコメント

最新記事

すべて表示