副住職の8月のおすすめ本

更新日:2021年9月21日


今回紹介するのは 「仏像のひみつ」

Amazon


昨年の浄楽寺で行われた文化庁の補助事業では 文化財監修を務めていただいた、仏像研究の権威であり、 現鎌倉国宝館館長の山本勉先生の著書をご紹介します。


本書は仏像の入門書的なわかりやすさがありながら、 仏像が持つ彫刻美術の魅力以外にも仏さまの意味や信仰が伝えられていて、 その内包された魅力を感じることができるようになります。


仏像は古くから、信仰の対象として、 時に、心を寄せる拠り所として、 大切に守られてきました。


古いものも、新しいものも、 名の知れた仏師が作ったものも、そうでないものも、 文化財に指定されているような有名なものも、そうでないものも、 皆一様に存在する意味があります


仏像のひみつを感じることで理解が進むかもしれません。


本書を読み終えた時、 あなたには今までと違った様子で仏像を感じることができるようになるでしょう。


最強の仏像本です。


合掌

閲覧数:68回0件のコメント

最新記事

すべて表示