いまさら聞けない…仏教豆知識「阿弥陀仏は筋斗雲にのっているの??」


阿弥陀仏来迎図を見たんだね。 確かにたくさんの仏さまが雲に乗っているね。


でもこれは筋斗雲とは違うんだよ。


この図は、死んだあなたを迎えに来ている様子だね。


死んで極楽浄土に行けるだろうかという人々の不安を 吹き飛ばすために生まれた浄土信仰の図だと言われている。


浄土信仰では、臨終のときに阿弥陀仏が西方極楽浄土から たくさんの菩薩と聖者を引き連れ、 雲に乗って下界の人をお迎えに来てくれると信じられている。


日本では、平安末期から鎌倉時代に盛んになった信仰だよ。


この雲は筋斗雲ではなく、 「紫雲」や「彩雲」と言われている。


篤信な仏教信者や高僧が亡くなると、 稀に空に彩雲がみられることがある。


これは今まさに阿弥陀仏と諸菩薩がお迎えに来ていることを表しているとされ、 吉兆ともされる。


あなたはそんな雲を空に見たことはないかな?


空に紫雲がたなびき、 心地より音色と共にかぐわしい香りがする。 そんな時、この世の誰かが無事に極楽浄土に向かっている時なのかもしれない。


南無阿弥陀仏


#彩雲 #紫雲 #お迎え


9月30日までクラウドファンディング実施中!

縁なくしてはお寺は続かない。

その縁を得るためには、様々なきっかけが必要であり、

縁を大切にする心失くして、縁は紡がれない。

浄楽寺では境内の一部を整備して地域に開くプロジェクト行なっている。

樹々を植え、風の通る豊かな広場を設け、

フリマやマルシェなどの地域の資源の循環を助け、

地域の交流を促進し、

地域が豊かになる取り組みである。


共感いただける方はぜひご支援ください。


当プロジェクトはオールオアナッシング。

プロジェクトが達成されなければ支援も、事業も行われません。


縁づくりの中で運慶仏を未来に残す。


ご協力をお願いいたします。

運慶の仏像を守る浄楽寺|新たなコミュニティスペースづくりにご支援を


閲覧数:32回0件のコメント