令和3年本堂改修大勧進

金剛山勝長寿院 浄楽寺の本堂改修(主に耐震工事)
にともなうご寄付のお願い

 

各    位

 

神奈川県横須賀市芦名2-30-5   

浄楽寺 第六十五世 芳 誉 妙 真

 

このたびは、標記のことにつきまして、広く多くの皆様にご協力をいただきたく、突然ではございますが、お手紙を差し上げております。

 

浄楽寺の創建などは定かではありませんが、鎌倉時代初期に三浦一族の和田義盛夫妻が願主となって運慶に依頼して造像した阿弥陀三尊を本尊とし、脇立の不動明王、毘沙門天とともに代々受け継ぎ、約830年にわたり現在までその歴史を紡いでまいりました。檀信徒の皆様をはじめ、諸方面の多くの方々に、絶えず支えられて今日があることを深く感謝いたします。

 

近況といたしまして、本堂の裏堂にございます大型仏画「釈迦三尊図」が2019年に横須賀市重要文化財に指定を受けたこと、文化庁補助事業「運慶仏のVR体験」「仏師運慶の追体験ともなる写経体験、彫刻体験」が現在進行中で2021年には施工となり、今まで以上に多くの方に参拝していただけるようになります。さらに2022年NHK大河ドラマでは、「鎌倉殿の十三人」に決定し、13人の中には和田義盛がいることから、その影響に期待しています。

 

上記に鑑み、本堂の使用が多くなると予想しています。ところが、現本堂の建立年代は享保8年(1723)といわれ、老朽化はまぬがれません。最近おこなった耐震診断では耐震施工が必要との結果が出ました。当本堂は江戸中期の浄土宗様式が見られ、また、市の重要文化財となっている壁画があることから江戸時代の建築文化財として維持活用していかねばならないと考えています。そして、参拝の方々の安全を確保するため、この期に耐震工事を主とする本堂の改修を実施することといたしました。何卒、趣意をご理解いただき、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 

 

令和2年11月吉日

・指定寄付の募集期間

  令和2年12月1日から令和3年4月1日まで

 

・寄付について

  一口 五千円

 

  ご寄付の方のご芳名を、竣工式にて読み上げさせていただきます。

  二口以上の寄付の方には、加えて感謝香の返礼と、ご芳名の期間限定の掲示を、また五十万円以上の方のご芳名については、「令和二年本堂改修名誉寄進者掲示板」に記し、永久掲示させていただきます。

  *感謝の気持ちのご芳名発表ではございますが、望まれない方にはお知らせいただき、ご意向に添うように致します。

*一口に満たないご寄付もありがたく拝受いたします。

 

・寄付の方法について

振込先
口座記号00200‐1 口座番号104765 宗教法人 浄楽寺 

オンライン決済
https://jorakuji.official.ec/

・問い合わせ先 浄楽寺 住職 土川 妙真

        〒240-0104 横須賀市芦名2‐30‐5

 電話046-856-8622

FAX 046-856-8622

メール jodorakuji.jodoshu@gmail.com

        

ご不明な点がございましたら、上記問い合わせ先までご連絡ください。

 

ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

© 2014 by Jorakuji design